キャプチャ

最近書店で感情的嫌韓論を述べた書籍を数多く見かけるが、本書はそうではなくて、元外交官が朝鮮半島が位置する地政学的性格や、歩んできた歴史を分析しながら、日本がこの地域とどう付き合うことが国の利益になるかということを考えた本である。

数多く出版されている感情的嫌韓論とは一味違う内容の本である。