私が住んでいる松山は

今年も大渇水になるのではと心配しましたが

なんとか、大丈夫でした。

でも、私の実家では、今でも

生活用水は井戸に頼っています。

山の水も利用していますが

飲み水には利用できません。

で、ペットボトルで水を買って飲んでいます。

この暑さなのに、お風呂には入らず

行水ですましているようです。

でも、トイレは水を流さないわけにはいかないので・・・

「いつまでも、いつまでも、流れよるんよ」と

母が嘆きます。

で、「娘の仕事は何ぞね、今はよいよい水がいらん

トイレが新しく発売されとるけん、うちでリフォーム

してあげらい」といいましたら、

「あんたとこは高いけんね」といいます。

「トイレの水はお金では買えんよ」・・・

母と娘の節水トーク

いつ、どういう形で決着がつくのでしょうか?!