通谷池を後にした後、
久万高原町の古岩屋へと向かうと、
ここへは2週間前にも訪れていましたが
主だった木々は既に落葉しており
晩秋という雰囲気が漂っていました。