昨日、松山法人会の「医療・健康セミナー」に参加しました。セカンドオピニオンのことや、最新の医療事情「陽子線・重粒子線治療」のお話を伺いました。
この治療は今まで、手術や放射線での治療が困難だった、「肺」「咽頭」「脳」などにできた「癌」に有効な治療方法なんだそうです。治療費は290万円、314万円とかなり高額ですが・・・
現在「重粒子線治療」は千葉県と兵庫県にしかないそうですが・・・順次増やしてはいくそうですがそれを聞いて、もう少し早くこの治療方法が確立されていれば、うちの父も助かったかもしれないのにと思いました。またあの時もうすこし情報や相談する相手がいたなら、「本当にあれで良かったのだろうか」といまだに悩まずにすんだのではないかと思ったりします。

”このセミナーがもうすこし早かったなら”とか、考えてもしょうがないようなことも思ってしまいました。「知ると知らないでは大違い」です。

もし、万一の場合は、様々な情報をあつめ、「名医にめぐり合い、実際に治療を受けたい」と思います。

一番いいのはそんな病気に罹らないことではあるのですが